基調講演 ※東京会場のみ

History of Photoshop (Photoshopの歴史)  トーマス・ノール

2015年で生誕25周年を迎えたPhotoshop。今では日本も含めた世界中の画像編集のプロフェッショナルスタンダードとして利用されています。そのPhotoshopがどのように生まれたのか、過去から現在にいたるまでの歴史を、デモンストレーションを交えてご紹介いたします。

  • ソフトウェア エンジニア
    トーマス・ノール(Thomas Knoll)氏

    Photoshopの生みの親であるThomas Knoll (トーマス・ノール)は、1987年当時、ミシガン大学の博士号を取得中にMacintosh Plus向けにグレイスケール画像を表示するプログラムを作成。インダストリアル ライト&マジック(ILM)で働く弟のJohn Knoll(ジョン・ノール)とのやり取りの中で機能が追加され、これが後に、1990年にアドビシステムズから発売されるAdobe Photoshop(アドビ フォトショップ)の最初のバージョンとなる。
    現在もアドビ社員としてPhotoshopの開発に携わりながら、「写真をとるのが大好きなんだ!」と公言するほどの写真愛好家。手付かずの自然が残るアフリカや南極など、日本も含めて多数の地域・国々で写真撮影の旅に出掛ける。
    > http://tknoll.com/

  • トーマス・ノール

フォトセッション

Back to Basic セッション

レタッチセッション

Adobe Photoshop セッション

生誕25周年記念 Photoshopの秘法

Photoshopは最初のバージョンが発売されて、今年で25周年を迎えることができました。これまでご愛用いただいた世界中のユーザー様に心より感謝いたします。その記念すべき年、進化し続ける最新のPhotoshop CC、そしてLightroomの新機能やティップスを本セミナーでご紹介します。フォトグラファーやデザイナー向けに数々の機能を搭載したPhotoshopをぜひご覧ください。

  • アドビ システムズ 株式会社 マーケティング本部
    栃谷 宗央(とちや むねお)

    1998年 9月 アドビ システムズ(株) 入社。マーケティング部に所属し、Photoshop 製品の担当。バージョン 5.5 より担当し、現行バージョンまでの担当を経験。
    「解りやすく、楽しく」をモットーに Photoshop の製品解説を行う。その他、フォトグラファーの機能に絞り込んだ Photoshop Lightroom 担当でもある。

    > Photoshop 日本公式ブログ

  • 栃谷 宗央